金井 聡一郎

 

1999年、東京生まれ。

 

金井はアートを通して他人からの受ける影響、感情と行動の不一致、独自性の基準など現代社会における人間の変化を描いている。
15歳からプロテニス選手を目指しセルビアやスペインへ3年間留学をする。
しかし、過度な練習によってチック症を発病。治療の一環として抽象画をはじめ、留学時に人種差別や貧富の差に衝撃を受ける。
同時にネオダダ、シミュレーショニズムなどの客観的な表現の影響を受け独学で現代アートの歴史を学ぶ。
現在は蜜蝋と油絵を使い無作為に動かした筆によって出来た模様をつなげたり切り離すことで人間や動物を描き、百貨店で作品を展示したり自身の作品を広めるためにYoutubeやTiktokで情報を発信している。